【ノートPC】ASUS EeePC 900HA

ミニパソコン黄金時代に登場した名機EeePCシリーズの「900HA」を今回は焦点を当ててレビューしていきます。メーカーはPC本体からモニター周辺機器に至るまで色々やってるPCメーカー「ASUS」が作り出した製品になります。メルカリにて2500円ほどで中古入手できたので詳しく見ていきましょう。

レビューのはじめに

 今回購入に至ったASUSのパソコン、EeePCseries900HAは2009年代に登場したいわゆるミニパソコンという種類のノートPCです。大学で仲良くなった中国系の教授から見せていただいたWindowsXPマシンの中でも特に印象的だったEeePC。自宅にもこんなミニサイズのXPがあればな…と思いメルカリで捜索していました。

 ですがEeePCシリーズにも結構種類があり、それぞれ特徴が違うとのこと。EeePCシリーズはSSDを当時から結構早めに搭載してきており、作動速度優先をおいたものでしたが、本体に取り付けられているSSDがM.2のようなメモリ形状のSSDでこの機種に使えるモノがなかなか転がっていないこと、なおかつ容量不足に悩まされる(ROM30GB)などで色々迷いが出ました。

 其の中でノーマルの3.5インチサイズのHDDを積んだEeePC900HAというシリーズが登場し、接続規格も普通のSATA接続であることで当時では大容量のEeePCが登場したと賑わったそうです。今回はこの900HAを利用し、HDDからSSDへ装填させて運用できるかなと考え、メルカリで2500円での出品物を確保、無事に手元に届いたのが手にしたきっかけになります。

ASUS EeePC 900HAの基本仕様

まずはじめに今回レビューを進めていくEeePC900HAの基本スペックや公式による製品化のコンセプトや当時の時代背景からをまとめて見ていきましょう。

基本スペック

CPUAtom N270(1.6GHz・1Core)
RAM1GB(空きスロットなし)
ROMSSD 120GB(HDDから取替済み)
OSWindowsXP Home
バッテリー4.5時間駆動
画面サイズ8.9インチ(WSVGA)
重量1.12kg
サイズ225*34*170mm
インターネット無線・有線あり
スピーカーステレオ
カメラ30万画素Webカメラとマイク
拡張機能・SDカードスロット
・USB2.0*3ポート
・VGA画面出力
希望価格44,880円

製品コンセプト

公式の情報では当時のEeePCシリーズでは900HAの他に901や1000シリーズなどが登場。どれも多機能かつ小型コンパクトで持ち運べるWindowsを次々と製品化させてきた。ほとんどが当時では珍しいSSD搭載マシンとして作動の快適性を売りにしていたがやはり容量不足が多くの声からでたことからストレージ対策を充填にして製造されたモデルになる。

この900HAはHDDによるストレージアップで160GBの容量と10GBのASUS独自のオンラインストレージサービス(サービス終了)の併用によって170GB構成で大容量なミニパソコンを開発させた。

900HAはWindowsXPモデルとLinuxの独自ディストーションモデルの2種類から、カラーリングは黒、白、プラムレッドの3色展開。

ミニパソコンブームの黄金時代

2005年以降WindowsXPからVistaの時代まではノートパソコン業界での一つの種類としてミニパソコンが各メーカーから生産されていた。10万を超える新品ノートパソコンが多く出回る中、ミニパソコンは5万円台で手にすることができ、多くのガジェオタやPCを手帳代わりに常に持ち歩くビジネスユーザーにとって当時は人気を博した種類だった。

ミニサイズなので極限まで小さく、でもPCとしての機能面は原型にとどめて…というスタイルで色々作られた結果、多少使いづらさは感じながらも、限界ギリギリで実現させたことによる楽しさやワクワク感を感じることができた。最初はどのメーカーも目的は同じでデザインや昨日が似た者同士になることが多かったのですが、年月が立つにつれて、それぞれのメーカーの独自性のデザインや機能性を付与したモデルが登場してきました。

今ではスマートフォンやタブレット端末の普及で12インチ以下のノートPCの需要もめっぽうに減ったため最近はミニパソコンの姿を見ることは少なくなったと言えるでしょう。

ASUS EeePC 900HAの外見Review

EeePC900HAの外回りの見た目を見てみよう。基本的な左右やパソコンを開閉した部分から、内部メモリスロットなど目で見て把握できる特徴部分をピックアップしていく。

基本外見

ピアノブラック基調の本体部分。外装パネルだけでなくPCを開閉した内部にもこの基調が施されており、5万円台ミニパソコンではとてもいい仕上がりになっている。本体自体も厚みがあり非常にしっかりした作りで多少雑に扱っても壊れる心配はなさそうだ。小さいボディーにスペースギリギリなのにも関わらずUSBが3ポートも搭載されている非常に拡張性のあるOAポート。WifiとLANの運用がまだはっきり別れていない当時の時代もあってかちゃんとLANの差込口が用意されている。

本体の裏面や開けたときの感じ。後ろ部分はむっくりと膨れ上がった漢字のデザインで中央部にHDDとRAMのアクセスパネルがある。ネジ4つで開閉できる。RAMの部分の左右にはステレオスピーカーが。このサイズのPCならステレオスピーカーなどケチられやすい部分ではあるが非常にモバイル端末ではいい音が出てくれる。わざわざイヤホンで聞かなくても高音質でゲームなどで遊ぶことができる。

本体のその他部分を見てみよう。ヒンジ部分には丸型のデザイン加工。画面上部にはWebカメラが付いており、其の横にはモノラルマイクがあるよ。アームレスト部分には電源やHDDのアクセスランプが。キーボードの下部分には小さなタッチパッドがある。左右の銀色クリックボタンはカチカチと音がなるが非常に硬い。タッチパッドでタッチ操作をしたほうが早そうだ。電源ボタンはヒンジ部分についてるよ。

パソコン内部構

では、ドライバーセットを用意してPC内部を覗いてみよう。PCの裏面の1枚の蓋を開けるとそのままHDDとRAMが登場する。EeePC900HAはもともとHDD搭載で販売されているものだ。SATA接続ポートがあるのでそのままSSD化しておいた。RAMは1GB、最初からついているものだ。

その他付属品

付属しているものはASUSのミニマウスとユーティリティDVD、12VのACアダプターだ。マウスは手のひらに収まるかわいいサイズで通電するとスクロール部が赤く光る。DVDドライブは当然ながら搭載されていないので外付けDVDドライブを別途で買って読み込む必要がある。

ASUS EeePC 900HAの内面的使用感

ここからは見た目やスペック情報だけではわからない実際に使ってみての使用感込でレビューしていく。本体の小ささに一体どんなわくわくが詰め込まれているのだろうか。今はもうパブリックでは使用不可なWindowsXPとの組み合わせでのレビューも執筆しておく。

小さな画面はどんな感じ?

画面は小さいがワイド画面で当時のXP時代の規格のアプリケーションを開くのであれば快適な広さだと感じる。ただ今どきのWindows10のアプリケーションを持ってきて使うならば狭さを感じることだろう。ただスペック的にもだがマルチタスクには向かない。1画面一つのアプリケーションで画面をフルに使っていくのが理想だ。個人的には画面専有を少しでも減らすためにタスクバーを画面左でクラシックスタイルに変更させている。

外部出力のVGA接続で別のモニターに繋げばFHD以上の画質で接続が可能。プレゼンテーション用の端末として使ってみるのも有りかもしれない。

プリインOSのWindowsXPとの相性は?

今となってはもう化石だが昔は使いやすさとスムーズな操作性でおなじみWindowsXPがプリインストールされている。このEeePC900HAが発売されたのが2009年でもうそろそろVistaを超えてWindows7が登場する時期でもあった。XPモデルとして登場したことはあまりOS的に寿命は長く持たないものだったかもしれない。

だが、オフライン作業で行うならば別の話。XPや2000などを作動要件とする当時のゲームやノベルゲームを遊ぶマシンとしては非常に最適。ステレオスピーカーでイヤホンいらずの音質でゲームを楽しむことができ、布団などでごろ寝ゲームなんてのも可能だろう。あとは自宅サーバーを運用するときの保守用マシンとしても。

だが、ネットを見るとWindows7を入れたりLinuxに切り替えて運用している人も結構おられるようだ。試してみたがWindows10は非常に重かった。RAMを最低でも4GBぐらいに増強する必要がある。

付属ユーティリティアプリケーションは?

ASUSメーカー側がはじめからOSにプリインストールしているのは電源管理ユーテリティと画面解像度切り替えツールぐらいだ。本体の電源の持ち時間はカタログスペックでは4時間とあるが実際ゲームをしていたら40分ぐらいで電池が切れてしまう。この電源管理ツールで適宜切り替えていけば多少の時間稼ぎはできると思う。

また、本体の特徴でもあるオンラインストレージサービスのログイン項目もあるが現在はサービス終了してしまっているので使い物にならない。

メーカー外のアプリケーションではアドビのPDFビュアーAcrobatやマイクロソフトのWindowsLiveツールセット、ウイルス対策ソフトのNorton社のお試し60日体験の体験版がバンドルされている。

ASUS EeePC 900HAの今後の運用方法は?

搭載OSがWindowsXPによるオンラインユーズが不可なこの端末で現代社会にどうやって使いこなしていくか…ちょこっとまとめてみた。

HDD→SSD化

もともと搭載されているのはHDD。容量アップの目的で主力コンセプトとして搭載されているが、今のSSD全盛期時代ではもう化石ドライブ。起動の遅さにはストレスも溜まるので、もしEeePC900HAをいじってみたいと思う場合真っ先にお金をかけたいところはこれだろう。SSDの装填だ。XPのOSも軽いことからSSD化すれば驚くほどさっくさくに作動してくれることだろう。筆者の使ってみての感じではWindows10よりもスピード面で快適に感じる。

RAM増強計画

もしEeePC900HAにSSDへの資金投資のあとに余裕があるのであればRAM増強してみるのも有りかもしれない。Windows10に引き上げてネットブックとして使いたいのであれば4GBぐらいは最低限上げておきたいところ。

レトロゲームプレイヤーとして

いまお手持ちのWindows10マシンで昔持ってたゲームが動かないのであれば普通はWineや仮想マシンなどで動かすだろうが、あえて実機のXPを手に入れて遊んでみるのも非常に雰囲気的にまして楽しいもの。セーブしたりウインドウが現れるたびに流れるXPの効果音を聞くのも面白いですよ。

Windows95~WindowsVista世代のゲームはほぼほぼカバーできるので色々遊べると思います。

自宅サーバーの管理マシンに

もし自宅でサーバーを保持しているのであれば監視用のマシンとしてサーバー本体の上にちょこんとおいておいて時々様子を見るのに活用してみるのはいかがだろうか。

サーバー用のLinuxなどを入れればWWWの世界にも繋がれるので管理もしやすくなるだろう。

レビューまとめ

今回レビューをしてきたASUSのEeePC900HA。もう10年以上前の端末にはなるが色褪せることなく面白みに満ちた端末だ。最近Twitterなどでよく見かける自作ディストリビューションLinux学生などがテスト用マシンとしてこぞってネットショップで探すなども広まっており実験機としても最適だ。

メルカリやヤフオクなどで3000円以下でほぼほぼ入手できるはずなのでガジェット好きなどにはぜひ手にとってもらいたい端末だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です