【3D背景】洋館A

2021年末、大学の後輩から自主制作ノベルゲームを作るので背景制作など
美術周り全面を手伝ってほしいと依頼されました。
そのときに作った背景CGをいくつかお見せします。

メイン廊下

佐賀県の山奥にある戦前からそびえ立つ大きな洋館を改装し、
今の民宿、ペンションハウスとして活用されている建物。

中は古く明治時代?のような洋館風のあしらいがされていますが、
電装系など近代の設備が目に受けられます。

大浴場前の物置と化した廊下の隅っ子です。
大浴場の横の倉庫はボイラー室でもあるのでしょうか…

2Fの廊下。カメラワークは各階共通のものにして
プレイヤーに迷いが出ないように配慮しています。

引き戸の奥は食堂のようです。
廊下奥の出窓は真っ暗で雨粒がびっしり張り付いています。
外は台風最中の大雨のようで…

3Fの廊下奥です。
非常口マークがありますが、屋上展望デッキがあるようです。
まぁこのときは大雨なので「今は外にはでられない」といった
メッセージなどでも付ける考えだったようです。

エレベーターホール。
1,2,3階それぞれエレベーターのスイッチパネルの表示が変わるように
スクリプトを組んでいました。

階層移動はこのエレベーターを使って移動します。

トイレ

トイレです。
建物近くの変電所が落雷でダウンしてしばらく停電状態が続く
シーンのものです。非常用電源の電力供給部分だけ
電気がひかり、不安を煽るようなライティングです。

トイレです。
差分ファイルとしてトイレ内の電気がON,OFFそれぞれのものを用意しており、
建屋捜索中にMobキャラがたまにここでトイレをしている
といったミニイベントを設ける予定でした。

エレベーターギミック

エレベーター内部かご
全体的にもう身近で見たことがあるデザインです。
近場のイオンモールのエレベーター参考にして
そのまんまモデリングしました。

さてどこへ行く?
非常ボタンも本編中で押す場面がでてきます

開発初期段階のベースは東芝製でした。
かご到着音がきれいだし。
試作品だからロゴついたまんまだけど本編では別のマシンになりました。

客室

客室です。
プレイヤーのセーブポイントとして唯一安全な
セーフエリアとして明るめのライティングを。

安心できる空間という空気感を演出しました。
セーブ担当のキャラクターがここで待機して、スマートフォンなどで
安全状況をここから報告してくれるといったアイデアが有りました。

洋室に対してこちらは和室。
1Fの客室はすべて和室、2F3Fは洋室といった
実際にありそうな客室をイメージしてみました。

元ネタとなった部屋は高知県のいの町にあるかんぽの宿の和室です。

バー

BARです。
椅子が倒れていたり、ワインボトルが転がっていたり。
何か荒らされた形跡があります。

Barの全体です。
手前にBarカウンター。カウンター席の奥には予約テーブル席が
あったようですが…

額縁にある絵画は著作権フリーのものを使用しています。

Barカウンターの方では窓ガラスが割られ大雨が
吹き込んでいるという演出です。
アニメーションでカーテンが吹き込む風で大きくなびき、
真っ白になるくらいの大量の雨粒が窓から入ってくる…
といったループ動画を作りたかったですが、
このPCのマシンではレンダリングに耐えられませんでした。

内線電話。
先程と同じく荒らされたBARの窓付近の壁掛けの業務用
内線電話です。

当初は各部屋に1台ある内線電話を使って
セーブポイントの客室で待機するサポートキャラクターから
内線越しでアドバイスを貰ったりセーブしながらゲームを進めていく
といったシステムで考案していました。

(メタルギアみたいに無線ならぬ、内線電話でってやつ。)

謎解き

ゲーム中スクリーンショット。
普段どこにでもありそうな消火栓。
ゲーム中にとあるイベントで火が燃え広がり大火事寸前の自体が巻き起こります。
そんなときゲーム中に何度も目にしていたただの飾りに見えた消火栓が
本領を発揮します。

POP用画像

タイトル画面や宣伝用ホームページで使う予定の背景画像のラフ段階のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です