【レビュー】IKEA VÄRLDENS トートバック(2021新作)を買った

会社ではじめてできた友達同僚と都会の町の探索に行く機会がありました。でもプライベートに持っていけるリュックや手提げかばんが無い状態…その日は装備できるものがなく、自転車用の大型パニアバックを持っての外出はちょっと大げさ…スマホとSuicaのみを携帯して電車に乗り込んで探索場所を巡っていました。そんななか立ち寄ったIKEA。丁度いい機会だったので、ここでプライベート用にとカバン(手提げかリュックか)を探してみることにしました。

見た目

正面から見たところです。うっすら見えるポケット内部の黄色い部分。このトートバックは内面が黄色で構成されており、開けると結構目立つ良いカラーリングです。シリーズ商品でもあり、本格リュックや腰につけるポシェットなど同じデザインで色々派生版も出ているとか。

後ろ。製品自体が本格リュックではないのでメッシュ加工なども施されていないようです。あくまでトート。いざってときにリュックスタイルとして使うものでしょう。

IKEAの布製品ではおなじみめちゃ長タグ。以前買ったIKEAのサメにもこれがぴろんと伸びています。これついたまま背中に背負って自転車は知らせていると結構目立つので、早いうちにはさみで切るなり、縫っている糸を解いて取り外すのがマストではないでしょうか?

白黒のワンポイントチャーム。買ったときからデフォルトで取り付けられています。外からの見た目は黒一色のトートバックですが、これのおかげで目立つ印象になります。

購入時にプラスチックの保護結束バンドが付いてるので購入したらハサミで切って外しておきましょう。

外ポケットは3箇所あります。上部には蓋のない出し入れしやすいポケットが。ここがちょこっと黄色い部分が見えるところでもあり,ワンポイントカラーとして映えるところです。結構深く、メガネケースぐらいならすっぽり覆ってしまえます。

下部にはマチ付きでちょっと大きめのもの、昔のDSiLL?ぐらいの大きめの分厚いものが4つぐらい入るといった感じです。

上面には手提げスタイルとして使える手持ち部分があります。作り自体は薄っぺらく見えますが、100均などの安物に比べれば断然の安心感があります。

トートバック内面。ここでは大きな仕切りが1つ、ポケットが4つ別れて小物をかんたんに区切って入れておけるようです。

背負ってみた

使ってみての感想

実際の収納力

以前食品が不足して至急スーパーに買い出しする機会がありましたが、フルで買い込んでこれをエコバックとして使うにはちょっと小さい感じでした。小物3,4点ぐらいを入れて出かけるといった使い方がベストでしょう。

このジャンルなら家具屋IKEAの品質が良い

この程度のバックなら最近100均などでも見かける機会が多いですが、どうしても薄っぺらく、見た目だけそれっぽくて実際は結構華奢な本体だったりするので、そこは家具屋としてのIKEAの品質でしっかり信頼して使える作りになっています。

一番の使用シーンは?

このトートバックを使うシーンと言ったら電車で隣町に出かける、友達と遊びに行くときなどの手提げかばんとして使うのがベストマッチでしょうか。本格フル装備で行くならパニアバックに任せておいて、自転車を使わず車に乗せてもらっての移動などはこれで丁度いいものだと思います。

公式のサイトリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です