【WOWS】扶桑育成メモ

PCゲームウォーシップで登場する重錘な戦艦「扶桑」を今回前型金剛の先行研究を済ませてきたのでやっとのことで開発が完了。これからの育成に向けて色々個人的メモを掲載しておく。

TierⅥ 戦艦扶桑の概要

扶桑の利点

・主砲の射程が長い
・戦場での主戦主役にもなる扶桑は相手(戦艦同士)だと13~17kmで一斉射撃スタイルで戦うのがベスト
 巡洋艦から下は単射で対応。
・航空機への対空攻撃銃が多く設置されたので近距離では信頼できる。
 でも空母プレイヤーのテクニックも上がってきているので下手するとやられる
・旋回性能は割とよく、うまくやれば魚雷回避可。
 「操舵装置改善2」をつけるとさらにいい

扶桑の弱点

・長射程で発射した場合プレイヤーの先読みスキルが高くないとほぼ当たらない。
・着弾まで時間かかる
・同Tiarの米New Mexico戦艦が現れたら射程で負けるから距離を取ること。
・散布界(着弾のばらつき)が大きいので1発づつではなく、一斉射撃で当てていくスタイルがベスト?
・砲が多くなったことでバイタル(弾薬庫)抜きの危険性が増す=腹見せでリスク大
 船首の角度を調節してなんとかギリギリ多くの主砲を発射させるスタイル?
・遮蔽性が酷いので1発でバレる?→ちゃんと操作しないとボッコボコにされて「最初の獲物」になりやすい。開き直ってあえて発見されることで見かたを庇って応戦していく戦闘スタイルも。
 戦闘開始すぐに発見されるということも報告されてる
 →場所不明の巡洋艦からどんどん撃たれて応戦することもできず撃沈するリスクが有る
・最高速力24.5ノット(戦艦の中では普通)

扶桑のイメージ

・浮き砲台
・装甲弱い
・ちゃんと操作すれば勝てる
・船(扶桑)を言い訳に勝てないのがれする人が多い

扶桑の戦闘テクニック

扶桑の立ち回り方

・速力は戦艦の中では悪くない
・遮蔽性は最悪
・見つからずに戦うのは無理
開始早々見つかるケースも有る
自分から見つかって、仲間を助ける
島影から巡洋艦を補助する
・今まで以上に距離に気を配ろう
・敵の巡洋艦にターゲットにされやすい
・姿の見えない巡洋艦にボコボコに燃やされないように警戒する
・消火してもすぐ火事になる。(修理は敵と距離を開けてから)
・敵と戦闘になったら敵艦に対して斜め姿勢を取る

扶桑の砲の撃ち方

・適切な距離を取る(13km~17km
・停止して射撃するとほぼ当たる(与ダメUP
・巡洋艦のバイタル抜きはしやすい(AP弾をメインに
・自慢の射程の長さを活かそう
・自慢の争点の速さを活かそう(装填28秒)
・自慢の主砲の多さで戦おう(砲12門)

先輩提督さんたちが操ると…

Webでプレイ戦績の良い先輩提督プレイヤーたちの操作テクニックを見てみよう

・Tier5,6マッチ、戦艦4隻で与ダメ10万は超える

扶桑のおすすめカスタマイズ

モジュールカスタマイズ


1,船体「扶桑B」★12,500消費を装着。
 抗堪性(HP)が上がるので生存時間をもっと長くできる。

「アップグレード」カスタマイズ

「副兵装改良1」
副砲周り、対空の耐久値が100%UPする。

「ダメージコントロールシステム改良1」
火事になりやすい扶桑をこれでカバーしよう。

「射撃システム改良1」
扶桑で困る散布界(着弾のばらつき)が-7%抑えられる。

「操舵装置改善1」
船の旋回が少し早く、魚雷などに対応しやすく。

艦長スキル取得リスト

はじめに持っている艦長スキルポイントを消耗させて取得させるスキルはこれだ。

「危険察知」
すぐ見つかる扶桑。少しでも状況把握するために装着を。

「熟練砲手」
戦艦独特の砲の回転の遅さをカバー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です