新しいリケーブルイヤホンの買い替え話

普段は自宅でノイズキャンセリングヘッドフォンを使って音楽を楽しんでいますが、外出時には有線のケーブルが取り替え可能なイヤホン「リケーブルイヤホン」を持ち歩いています。ですが、リケーブルイヤホンの根本がスッポぬけを起こしてしまい、使い物にならなくなったので、新たにイヤホンの買い替えを検討し、購入に至ったお話です。

壊れたリケーブルイヤホン

以前使っていたリケーブルイヤホン。これの右側部分(写真でのピンクの方)のイヤーピースと本体をつなぐパイプのような部分が突然スッポぬけしてしまい、同時に中に通っていたケーブルが断線。使い物にならなくなってしまいました。

購入したのも1500円ぐらいの安物中華製だったこともあったのでまぁ所詮こんなものか…と思っていたところでした。

イヤホンオタクの友だちに見せてみたらこういう事例はめったに見ないんだけどな…と言われてしまいましたが、決して乱暴に扱った覚えはありません。単に欠陥品に巡り合わせてしまったことだと思います。

買い替えた新しいイヤホン

ユニット本体

メルカリにてメーカー不明という商品が3000円ぐらいで転がっていた話。でも直接商談で聞いてみるとオーダーメイド品ということでこの値段らしいと。ならもうおしゃれだしそこそこ値段と見合った性能を出してくれるだろうということで購入しました。

宝石のようになきれいなクリア素材に中のパーツが透けて見えるスケルトン仕様。そこまで音楽オタクでもないライトユーザーなので十分に聞いて満足できる音質でした。スペック表が開示されていないのでホント直感での感想ですが、高音寄りの音質といった感じです。でもちゃんと低音も出てはいるので問題はないと思います。

このタイプのイヤホンの特徴であるリケーブルのタイプは以前使っていた2PIN式ではなく、MMCXという丸いソケットのタイプでした。付属品のケーブルは安っぽかったので後日取替を検討し購入することにしました。

交換用のケーブル

取り替え用に購入した白いケーブル。編み込みで加工されて、耳掛け部分にも加工が施されています。音響マニアであればケーブルを取り替えると音質が変わったことに気づくらしいですが、私には違いがわかりませんでした。

あくまで安っぽさをなくすために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です