Gitデータ管理をGUIで実現させるSourceTree

こんにちは。Chimoです。今回は仕事やプライベートでも利用頻度が高まってきたGit管理のアプリケーションSourceTreeの使い方の整理メモを書いていきます。初めて使う方にも極力わかりやすい表記で掲載しておりますので是非参考にしてみてください。

Source Treeってなに?

Source Treeでできること

  • Gitへファイルアップロードする(プッシュ)
  • アップロード先(ブランチ)の管理
  • 更新時にコメントを付ける

これらの操作を行うことができるツールがSourceTreeです。

Source Treeを使うメリット

上記の「できること」は他の手段でも実現可能です。

  • ターミナルからコマンド操作でGitへアップロードする
  • GitのWebページから直にアップロードする

では、Source Treeを使うメリットは何でしょうか?

答えは「GUIで操作できる」メリットです。

  • 日本語でわかりやすい画面
  • ボタンをクリックしたりするだけなので簡単操作
  • ファイルのアップロード先(ブランチ)の構造が丸わかり

GUIで操作できるのでボタンを押したり等コマンドが苦手な人でも
操作の仕組みさえマスターすればかんたんにGitへ
ファイルをアップロードする環境を手に入れることができます。

Source Treeを使うデメリット

便利な半面デメリットもあります。

  • 画面で操作するよりコマンドで操作したほうが早い
  • 複雑な操作をする場合はコマンドで操作したほうがいい

結局行き着く先はアプリケーションなど使わずターミナルからコマンド操作をしたほうが早いといった点です。チームで共有しながら作業をすすめるのであればSourceTreeで管理したほうが良いですが個人で一人だけで作業をするのであればコマンド操作を覚えて使うかGitのWebページから直にアップロードしたほうが早いと見れます。

使い方

【Step1】インストールする

https://www.sourcetreeapp.com/

Source Treeは公式サイトからダウンロードできます。
画面の指示に従ってインストーラーを進めて下さい

【Step2】Gitと連携する

パソコンにSource Treeをインストールできたら
GitのWebページにアクセスして作業したいプロジェクトから
クローン用のURLをコピーしてきます。

SourceTreeを立ち上げ、初期設定時にコピーしたURLを入力すればセットアップ完了です。

【Step3】プルする(最新データーをローカルに落とす)

まずはGit上のデーターを自分のパソコンにダウンロードさせて更新させましょう。
ダウンロードすることをGit業界では「プル」と呼びます。

どこからプルしてくるの?
プルしたデータはどこのブランチに置くの?

などを選択することになります。

【Step4】コミットする(どのファイルをGitにアップロードするか選ぶ)

「コミット」ボタン。Gitへどのファイルをアップロードするかの選定ボタンです。
こちらはローカル上でファイルを書き換えたり保存したりすると使えるようになります。

コミットボタンを押すとこのような画面に推移します。

画面真ん中の「作業ツリーのファイル」に
新しく作ったファイルや内容を書き換えたファイルなど
ローカル上で新しくなったファイルがどんどん羅列されます。

これらのファイルの中から全部Gitへアップロードするか?
必要なものだけ個別選定してアップロードするか?
それらをこの画面で管理することができます。

今回は日記帳をつけていたと想定して「2日目の日記」というファイルを
新たにローカル上で追加しました。

すると画面のように「2日目の日記.txt」ファイルが並びます。

このファイルの横に出ている「+」ボタンを押すことで
アップロード対象に選択されるようになります。
(全部アップしてしまいたい場合は「全てインデックスに追加」ボタンを押すと
まとめて対象に加えられます。)

【Step5】プッシュする(Gitへアップロードする)

コミットが完了し、アップロード待機状態になれば
Gitへアップロード「プッシュ」が可能になります。

プッシュボタンをクリックすると…

オンライン上のGitへアップロードする確認画面が現れます。
アップロード先が間違っていないか対処のチェックマークを確認して
間違いがなければ「プッシュ」ボタンを押しましょう。

ファイルアップロードはこれで完了です。

【Step6】マージする

使い方にもよりますが、テスト用の「stagingブランチ」、
本番稼働用の「masterブランチ」で切り分けて管理していたとすると、
いつかは本番環境にデータを移行させる必要がありますよね。

テスト用の保存場所→本番環境の保存場所

このようにブランチのデータを移動させる作業を「マージ」と呼びます。

現在のブランチから結合先を選択して移行させましょう。

機能メモ

「フェッチ」ボタン

「プル」機能に似たものとして「フェッチ」機能があります。
こちらは最新データを持ってくるけどローカル上は書き換えないよ。
ただの表示を更新させるだけボタンといったところです。

Source Treeでのデータ更新状態がGit上とズレてる等の場合にこちらを押して
更新させる場面が度々あります。

「ブランチ」ボタン

今作業中の環境に新しい保存場所(ブランチ)を追加したい、
又は削除したい場合に使うボタンです。

新しい小プロジェクトが出てきたから追加する、必要がなくなったからブランチを消す…
などの使い方ができますね。

「スタッシュ」ボタン

ファイルのアップロードする際には設定ファイルなどが毎回書き換えられて
面倒な場面が出てきます。

設定ファイルのみ書き換えさせないとなればコミット時にチェックを外せばいい
ですが、コミットのファイルが多い場合など探し出すのもめんどくさい…

となれば更新させないファイルを管理できる「スタッシュ」機能を使うと良いでしょう。
名前をつけて管理できるので覚えやすい名前をつけるとベストですね。

注意点

アップロード先のブランチを間違えないこと!

基本中の基本だとは思いますがファイルの上げ間違いには十分注意しましょう。

個人でのプロジェクトだと「あ、アップ先間違えたけどまぁいいや」で済みますが
大人数でのプロジェクトであるともとに戻したり他の担当者にも全部更新して貰う必要が出てきたりと
ややこしくナイーブな問題になってきます。

プッシュの前には必ず選択中のブランチに目を追ってから作業を行いましょう。

「プル」せずにプッシュしないこと!

やりがちなトラブルとして「プルせずにプッシュしてしまい衝突エラーが発生する」ことが度々あります。
本来はローカル上とオンラインのGit上のデーターを同じにしてプッシュすべきですが、
それを無視して状態合わせをせずプッシュをしたときに発生する問題です。

問題が発生すると「プルの操作が全部操作できなくなる」等、
作業がストップしてしまいます。

ファイルをプッシュする前に「プルを正しく行ったか確認すること」を心がけて作業しましょう。

まとめ

ファイルの変更履歴がつく、プッシュのミスが減る、
ブランチの上げ間違いを未然に防ぐ…これらのメリットが有るSourceTree、
仕事だけで使うも良しですが、個人でもファイルのバージョン管理を正しく行えるツールなので初心者のうちは活用、慣れれば徐々にコマンド操作へシフトしていくといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です