初めての同人作品創作

9月を迎えエアコンの効きがますます良くなり、ラフな格好では風を引いてしまいそうな
室内温度18度。
卒論を書かないとゼミでブーブー言われることは目視のまま結局ペンタブを取り出してなにかを
描こうと動き出しています。

同人誌出したいな

先月のことです。

VRC上にて開催されていたオンラインコミケットで人生はじめて同人販売の会場に立ち寄ることができました。
今まで東京には幾度か指で数えるぐらい人生で訪問したことがありますが、いつも2月とか3月。
この時期以外は東京に訪れたことがありません。

すなわちコミケのある時期に東京に行ったことがないと。
お絵かきもある程度技術習得してる半ばでコミケに行ったことがないなんて…
コミケ行きたい。

香川の友達は去年ぐらいに冬のコミケに行って薄い本色々買い漁ってきてたらしいですが
正直もう行こうとは思わないかな。人の山・山・山。
冬にも関わらず人ざかりでエアコンも効いた会場は夏の猛暑ぐらいの気温になってやばかったとか。

いいなぁ。行ってみたい。
そんな中でコロナの影響もあってオンラインで開催されていた販売会にたどり着いたわけですが、
VRC上なのでリアルのアバターが大勢!

しかも秋葉原を模した会場のような場所で本が実際にテーブルの上に陳列されて
どれも興味をそそる本が沢山。
試し読みもできたのでいくつか目を通し、買いたい本をリストに加えます。

見ていると、結構画力がそこそこでもちゃんと売り出している作者さんがたくさん。
ってことはこれ、自分でも出せるんじゃね?
って考えに至りました。

ってのでリストに加えた薄い本をオンラインでクレカ決済し購入。
お絵かきの勉強にしたいと思います。

同人作品のアイデア

それから1ヶ月後。
9月もはや折り返し地点をとっくに経過し、19日を過ぎました。
そろそろ卒論取り掛からないと締切に追われる漫画家になりかねない次期ですが
そういうとき限って創作意欲が爆発します。

ネタは前から考えていたのですが、お絵かきトライブーストの効果もあってか、
日付が変わる前ぐらいに1枚仕上げたのでうpします。

みょん!っと魔理沙☆

あらすじは書いてるとおりです。
東方のキャラクターを題材に取り上げた架空のストーリーですが、
東方のキャラクターを登場させるのではなく、
同人作品として登場する魔理沙たちの作品を眺める現実世界の女子高生たち
ってシチュエーションで物語は進行する形です。

東方作品が大好きな二人はいつもコスプレをして生活しています。
学校の日は仕方なく制服に着替えますが、家に帰ればいつもコスプレ。

アニメのラスト演出によくある学園祭ものでの出し物をメインテーマとした
ストーリー構成にして1話分ぐらいのショートストーリーでまとめ上げられればと思います。

登場キャラクター

秋雨魔理沙

霧雨魔理沙によく似た女子高生。
普通の黒髪の女の子だがウィッグを被ったり
コスプレで整えてこの格好に。

引きこもりで家から出たがらず、
ネットサーフィンやニコニコ動画ばかり見てる
陰キャ系の立ち位置。

紺黒妖夢

魂魄妖夢によく似た女子高生。
魔理沙とは反対の立ち位置で学校に真面目に通う。

そろそろ迫る文化祭に対して学級委員も
務める彼女はクラス全員の参加を促すために
魔理沙のお家に訪問することになります。
昔から二人は仲良さそうな感じです。

その他

主役はこの二人の組み合わせで。
話が進んでいけば他の東方キャラのコスプレをした高校生の登場人物がでてくると思います。

どんな感じで展開させていくか

展開形式

ストーリーは軽く決まった感じです。
本題はこれをマンガ形式で進めていくべきか。
4コマという手もあります。

配色はモノクロでやったほうが楽なんでしょうが、
今までモノクロイラストはあまり制作経験が少ないので
お金がかかった作品で一発投稿するのはリスクが。
手間かかってでもカラーでやるべきか。

ページ数

初めての同人創作になるので途中で挫折しては元も子もありません。
ページ総数は20ページぐらいを目標にしていきたいです。

おまけ

ダウンロードページに壁紙公開しました。
欲しい人はダウンロードページからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です